車両ラッピングを行うときに意識した方が良いこと

車両を塗装するためには高いコストが必要ですが、少ないコストで車両のカラーやデザインを変更することができる便利な方法が「ラッピング」です。ラッピングとは、カッティングシートなどを利用して車両のデザイン変更などを行う方法で、要するにシールを貼るだけの作業なので簡単に済み、労力とコストを大幅に削減することができます。塗装の場合は、スプレーを購入して自身で染めることも可能ですが、大掛かりな作業になってしまううえに数週間を掛けて作業を行わなければいけないといった問題もあります。そのため、ほとんどの人は専門業者に依頼をし、自身は費用を負担するだけで済ませられる方法を選択します。

この方法であれば、労力をカットできるだけでなく「仕上がりがキレイ」というメリットも享受できます。しかし、一台の車を丸ごと塗装する作業(全塗装)に掛かるコストは、約30~50万円と高額です。もちろん、状況によって費用は変動するため、10~20万円ほどで依頼できる可能性もあります。ただ、それでもなお「安い中古車両ならば変えてしまう金額」になることも少なくありません。

その点、ラッピングであれば高くとも数万円で済ませることができます。こちらも専門業者を利用する機会が多いものの、作成、修正が非常に簡単なことから、素人が自分で作業することも可能です。パソコンなどでデザインを印刷し、それに沿ってカッティングシートを裁断してボディに貼り付けるだけで完成です。名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です