営業車両のラッピング効果は

ラッピングカーは、営業車両などに自社の社名や製品をデザインしたものを貼り付けることで車両が広告になる仕組みです。メリットとしては効率的に宣伝広告が可能な点です。宣伝広告を行うためには多大な広告費が必要になりますが、自社の車両に行うことで営業活動と兼ねて広告を行うことができます。このような背景から近年はさまざまな業種において導入される傾向にあります。

営業車両にラッピングカーが増えた理由としては、安価に作成することが可能になったことが挙げられます。これは特殊なフィルムにインクジェットプリンタなどを使って印刷を行い、それらを車両の外板に貼り付けるというものです。この方法が登場して以降、広告分野ではカラフルで自由なデザインのものが登場しています。また営業車両などに使われるラッピングは看板広告などに使われているものとは性質が異なります。

車両に貼り付ける場合には、将来的に剥がすことを前提としています。このため塗装に対してダメージを与えないようなものが利用されます。一方で剥がすことを前提にするといっても簡単に剥がれてしまっては意味がありませんから、粘着性が保たれ将来的に剥がすことができるものが使われます。このため使われるフィルムは看板などで使われるものとは異なり、高価なものが使われています。

しかし、高価な営業車両のラッピングですが、自社の社名や製品を身にまとうことにより、広告費を抑えつつ周囲に存在を知らせる広告の効果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です